占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

【占いフェス@表参道ヒルズ☆縁があるとか、ないとか。七夕の覚書】

前回のイベントの記事です☆

 

f:id:byHARU:20170718053047j:plain

               ☆彡会場のごく一部☆彡私がこの中にいます(笑)

 

占い師総勢100名ほど集まる一大イベント。
2日間、計6時間ほど出演する。

 

テレビ出演をされるような有名な先生も多数出演。
私のような無名の占い師も出演。
さながら結婚式の席順のように複雑な席順だ。

 

いったいどの先生が隣になるのか行ってみないと
分からない、パズルのような迷路のような場だった。

にもかかわらず、ご縁があるとしか思えない先生と
なぜか隣同士になったり、控室でご一緒したりした。

 

今年の1月の占いフェスで名刺交換をした先生の中で
「きっとまた会えそう」と感じたお二人に
果たして再会をした。
有難いことに、先方も私を覚えてくださっていた。

 

 

初日に偶然、一つ離れた席に座った先生は、
かねてから共通の友人がいてFacebookでは
おなじみだった占い師の先生だった。

 

新たに名刺交換をさせていただいた先生のひとりは
我が家の徒歩範囲にサロンをお持ちだと知った。

 

そして、控室で休憩中にお目にかかった先生は
実に久しぶり(5年ぶり)にフルセッションを受けて
みたいと思わせてくれた占い師の先生だった。

その占い師の先生は、とても謙虚な方。
華やかな舞台裏の控室でひっそりとした佇まい。
優しく物柔らかな雰囲気だが明らかにただものではない!

 

そして初日の何百人かの来客の中で、
予約や指名ができないはずが、リピーターさまが!?
1月に私の5分間セッションを受けた方おひとりと
「よかったと聞いて・・・」ともうひとり。

 

人と人の見えない縁が交錯して、
この都心の華やかな会場では、複雑に絡み合った
七色の縁の糸が紡がれていく。

 

結ばれた糸をどうしていくかは、
あるいは、どうなっていくかは、私次第なのだ。

 

☆彡最近の私は
「そろそろ新しい勉強をしたい!」
「自分の占いの鑑定方法について確認したい!」という
願いがあったのだが、図らずもこの七夕のイベントで
知り合ったご縁で叶えられそうだ。