占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

タロットはなぜ、当たるのでしょう?

f:id:byHARU:20171106122748j:plain

 

「タロットはなぜ当たるのですか?」と
生徒さんに質問をされたので、

あらためて考えてみました。

 

引いたカードは
その人の「心の風景」だから。

 

引いたカードは
過去・現在・未来を映す「鏡」だから。

 

客観的に読み解けば状況がわかります。

カードは雄弁に物語るのです。

 

一枚のタロットカードの中には
それぞれの世界が広がっていて
その世界を読み解くことでわかることがあります。

 

「過去はどうだったか?」
「今、どうなっているか?」
「この先の未来の可能性は?」

 

そもそも
あなたは現在・過去・未来の
区別がつきますか?

 

どこかの誰かが
過去も未来もないと言っていました。
あるのは連続する現在、
今この瞬間だけが続くと。

 

つまり
過去も現在も未来も混然一体と
していて境目は明らかではない。

 

その人の魂の記憶の残像を
過去としてタロットカードに写し取り
現在をカードを鏡として映し出し
未来の兆しを象徴するカードを引く。

 

それをインスピレーションで読む。
カードを読み解く能力については
習熟しているかどうかで差が出る
かもしれませんが、

 

基本的には、
出たカードの是非は問わない。
誰が引いても
そのカードが正しいもの。
気に入らなくても引き直しはご法度。

 

ただし、
カードを引くときには
「今から占いをする」と宣言します。

できるだけニュートラルな
心情で引くことが前提。

 

そして
シンクロニシティという言葉がありますが、
そこにもヒントが。

 

シンクロニシティとは
「意味のある偶然の一致」という意味。

 

この言葉はいわゆるスピリチュアル系の
人たちの間でちょっとした出来事で
「シンクロですね~♡」と多用される
傾向があって正直なところ「???」
となることもありますが(笑)

 

語源をさかのぼれば
精神分析の世界では高名なユングによります。

 

シンクロニシティの分類◆
こちらのサイトがわかりやすい説明
http://www.kjsei.net/synchronicity/01.html
シンクロニシティにも種類があるようですね。

 

ざっくり言うと
因果関係がハッキリしないが
何かのサインとして目の前に現れる事象。

 

例えば、
運命の恋が始まる前には二羽の鳥
物事が完成したときには虹
繰り返して目に入るぞろ目の数字などなど。

 

日常生活を送っているときに
何かの予兆として、あるいは警告として
不思議なくらい目に留まるもの。

 

「今からこれについて占います!」と

魔法の呪文を唱えて

タロットカードを引くと
その瞬間にシンクロニシティ
目の前に展開します。

 

 

そうなってくると、
タロットカードはシンクロニシティ
自分で起こせる魔法の道具ですよね~!!

 

私はいつも22枚のタロットカードを
持ち歩いて、外出先でも気軽に一枚。
そこで得たヒントで行動を決めることも。

 

生徒さんがタロット講座を受けた感想として
「タロットってもっと神秘的だと
 思っていましたが意外に実用的なんですね!」
とおっしゃっていました。

 

いえ、確かにタロットカードは
神秘的でオカルト的な世界観なのですが・・・

その神秘的な道具を実用的に使えるように
レッスンするのが私の役目かもしれません。

 

さあ、
あなたも自分でシンクロニシティ
起こしてみませんか?

 

◆横浜の占い師HARU☆公式サイト◆
http://tetsuinter1.wixsite.com/haru/-------e2mgg

※改めてタロットレッスンをするということは
 シンクロを起こすコツ、読み解くコツを
 伝えることだと思いました!