読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

【「死ぬまでついていきます」と言われて本望!?】

カルチャー教室で
生徒さまから熱烈なラブコール♡

2か月に1回、2時間の講座。
タロットカードを通じて
見えない世界の談議に花が咲きます。

私がこれまで占いの世界で
見知ってきたことや知識、経験を
全て出し尽くした講座です。

この講座、かれこれ1年です。
最初は月1回初級講座から始まりました。
次は隔月1回演習講座として
ご希望の方がいる限りは継続予定。

この講座は常連さま3名は
70代後半から80代の女性。
毎回、3~8名さまの少人数での
グループ講座です。

特に、これといって決まった
カリキュラムはありません。
私が作成したオリジナルのテキストを
ご用意していますが、
タロットのテクニックを教える
ことをしていません。

生徒さまたちの
さまざまなご質問に答える形で
進んでいます。

「あの世について」
「霊感とは」
「結婚の縁について」
「遺産相続について」
「最近の世の中の動向について」
などなど。

毎回、講座の最後には
私からみなさまにおひとりずつ
一枚引きリーディングなどのサービスを♡

そんな一風変わった講座が
なぜか人生の大先輩から
「いつも楽しみにしている」と
おっしゃって頂いています。

吉祥寺界隈で
80代のシングルライフを謳歌して
いらっしゃるステキな女性から
つい先日、
「死ぬまでついていきます!」と
言っていただいたのです。

その方は東洋の占いを長らく
続けていらっしゃるとのこと。
タロットも何名かの先生に習ったと
おっしゃっていました。
昨年からは私の講座に毎回
いらしてくださっています。

私を含めて、全ての人が
明日が来るとは分からないこの世。

1月の講座が終わった後に
すぐさま3月に講座をご予約して
くださってお帰りになりました。

これはもう
「有難いです」と感謝せずには
いられません。

「はい、頑張ります!」
「こちらこそよろしくお願いいたします」と
申しあげるのが精いっぱいです。

そもそも若輩者の私が
いったいその方に何を教えることが
できるのでしょう?

むしろ、私のほうが
いろいろと教わる立場なのです。

ですが、
タロットを通じて
ひとときの楽しみを提供できる
かもしれません。

ああ、人の期待に応えられる人で
ありたいですね。

そのように切に願います!

あなたはなぜ
その仕事をするのでしょう?
生活のため?
楽しいから?
使命だと思っているから?

私は
当然ですが、楽しくないことは
仕事でもしたくありません。

でも、いくら楽しいとしても
それが「仕事」なら
誰かの役に立っていなければ
誰かから必要とされていなければ
やる意味を見出せません。

つい最近までは
4年間毎月2回、ずっとタロット
講座に通っていただいた60代の2名の
生徒さまがいらっしゃいます。

その方たちが通ってくださる以上は
継続予定としていました。
それがあるきっかけで終わりとなり、
肩の荷が下りた気がしたのです。

4年間、私の都合で
一度もお休みすることなく継続できた
ことは自信にもつながりました。

とはいえ、
必ず自分の予定を空けておかなければ
いけないので、身動き取れないように
感じたこともあります。

カルチャー教室は一年単位、
あるいは三ヵ月単位で予定を組むので
私には不向きだと思っています。

だから、
そろそろカルチャーで教える仕事も
お終いにしたいな~と考えたのです。

※実際は現在、二か所で継続中。
 他二か所では、新規募集中。
 
ですが、今
私を必要としてくださる人がいる限り、
全力を尽くしたいと決めています。

さて、
あなたはいつどこで全力を出しますか?

 

 

♡吉祥寺・自由が丘・大森・センター南付近の方、

 ご一緒にいかがでしょう?♡

 

f:id:byHARU:20170129112102j:plain

♡無料壁紙のページから美しい薔薇の写真♡