占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

【占い師として、厄年について聞かれたときには・・・】

占いには興味がないけれど、
厄年については気に掛ける人が
かなりの割合でいるかもしれません。

 

以下、下記サイトから一部をコピー

厄年 - Wikipedia

本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、

女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている[1]

特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、

凶事や災難に遭う率が非常に高いので

十分な警戒を要するとされている。

いずれの厄年にもその前後1年間に前厄

(厄の前兆が現れるとされる年)

後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)

の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。

本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」を行い、

神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習がある。」

以下コピー終わり。

 

何でも平安時代の貴族は厄払いをしたとか。

 

特に男性は案外、
自分の厄年について詳しいんだな
と思ったのです。

「厄年だったから厄払いをした」と
聞いて意外だったことがしばしば。

→私の心の声
「へ~っこの人でも厄年を
気にするんだな~」って

 

とはいえ、
私の関心事は専らどこでうやって
厄払いをしたか。

「そうなんですね、
 どこで厄払いをしてもらうんですか?」
「いくらくらかかるんですか?」
「その神社は日頃から
お参りしているんですか?」

と可能なら質問をさせていただく
ことがあります。

 

だいたいは地元の厄除け神社と
名づけられた神社に参拝している
ようですね。

 

つまり、占いの仕事をしていますが、
私はこれまで一度も厄年を
気にしたことがないのです(笑)

 

私の中の認識では
男女は人生の中でそれぞれ
節目を迎えるから体調に注意せよ。
くれぐれも過信するなかれ。
そんな意味合いを持っています。

 

占い師として
「厄年なんです」と聞かれたら
「体調に注意をして無理をしないで
くださいね」

「神社でお祓いをしたいと思うなら
されたらいかがですか?」と
お返事することになります。

 

さて、あなたは今年は厄年を
迎えていますか?

 

f:id:byHARU:20170307064644j:plain

 

Facebook大宮山晴美♡お友だち申請歓迎です♡

https://www.facebook.com/harumi.omiyama

 

♡公式サイト♡3月のタロット占い画像配信中♡

http://tetsuinter1.wixsite.com/haru