読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

卵性双子に教わった、選べる運命、そうでない宿命

占い師をしていると
人の人生はどこまで決まって
いるのだろう?

 

選択の余地は、
どのくらいあるのだろう?
と思わずにはいられません。

当たり前なのですが、
選べることと、そうでないことが
あるのだと思います。

 

しかし、
一般的な人が考えているほど
選べる範囲は狭くないのです。

思い込みという殻に閉じこもると
選択肢を狭めてしまいます。

何度でも運命を選べる!
占いの現場で占い師の私は
そう感じます。

 

もちろん、
生まれた時代や国籍、
姿かたちや両親、育った環境など
どのように頑張っても
選びなおせないことはあります。

いわゆる一卵性双生児たちを
占ったことがあります。
生まれた時間が何分も違わないため
ホロスコープも命式もほぼ同じ。

 

そうなると
生まれ育ちや外見、
運気の強弱や運気の流れ
仕事運、恋愛運、結婚運、金運
なども同じなんです

 

双子の神秘!
離れ離れになっていても
不思議と気持ちが通じ合う
もうひとりの自分!?

でも、その双子は
明らかに外見や醸し出す
雰囲気が違っているのです。
一卵性の双子だと言われなければ
分からないくらい。

 

では、なぜ違っているのか?
「名前」の画数は違います。

それに、もしかしたら
途中で別々の学校に行ったの
かもしれません。
教育の差が運命を変えたかも?
(これは未確認)

 

お二人のお話を別々にお伺い
していると
どうやらおひとりは、途中で
人生の選択をし直したようです。

離婚による再出発。
新しい伴侶を得て
とても幸せそうにしていたのです。

 

一方は
今の伴侶に不満を抱えているのだ
けれども、離婚までは決意できない。
その思いを抱えていました。

同じ星の下に生まれたおふたり。
鑑定の結果としては、
結婚運が問題ないとはいえません。
それはいわゆる宿命として
逃れられないのかもしれません。

 

ですが、一回結婚をした後には
運命を変えることが可能なのです。

ホロスコープ通り、占い通りの
人生を歩むこともあれば
その影響を自分の力で変えられる
こともあるんですね。

 

とても仲がよい双子さんでしたが
宿命を超え運命を変えたおひとりと、
宿命にもがいているおひとりでは
表情の明るさも違いました。

さて、あなたは
今のあなたに満足していますか?

 

もうひとりのあなたがいたとしたら
なんと言ってくれますか?

どうしたらいいと教えてくれますか?