占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

セッションの時に口から出る言葉は相手に必要な情報

あなたは言いにくいことでも
はっきりと言えるほうですか?

 

おそらく、占い師としての私は
かなりハッキリとモノを言うと思います。

占いの結果を婉曲しないで伝える
というのが基本スタイル。

 

基本的には
占いっではリップサービスはナシ。

 

なぜなら
「今、伝える必要があることを言う」と
決めているからです。

それは、どのように判断していかというと
私が仕事として占いをしているときに
その場でしゃべることは伝えるべきだから。

そう決めているのです。

 

だから、
気が付くとかなり毒舌になっている
こともありますね(笑)

もちろん、例外もあります。
お客様のお気持ちが弱っている時には
言葉を選ぶようにしています。

 

また、
本当のことだけれども、
その時に伝えるのは時期尚早だと
思える時には、あえて言わないことも。

セッションの最初に
お客さまが男性だと
「優しく言ってほしいですか?」
「それともハッキリ言ってほしいですか?」と
うかがうことがあります。

 

不思議なもので、大抵は
「大丈夫です。ハッキリ言ってください」と
言われます。

なので、安心(笑)
どちらにしても言うことは言うので
私の気が楽になるのです。

 

私のセッションを受けたことが
ある方はご存知だと思いますが
立て板に水タイプですね~。
「よくしゃべるね」と言われます(笑)

 

なぜなら、
しゃべる内容を頭で考えていないから。

まるで、
パソコンが必要なソフトを
ダウンロードしているみたいに
自動的に話している感じ(笑)

 

よく
話す速度は考える速度と同じだと
聞いたことがありますが、
頭で考えないので超高速に(苦笑)

 

途中で、
「私の言っていることわかりますか?」
「何が言いたいかというと」
と確認&まとめの言葉が入るのも特徴。

 

私としても
お客さまの反応が薄いと
いったん我に返るのです。

 

とはいえ、
黙って聞いていらっしゃる時ほど
納得していらっしゃるのは自明の理。

私の言っていることを
頭ではなく、心で理解してくれようと
しているからなのです。

 

あ、中には私がなにを言っているのか
分からないけれども、
雰囲気だけを受け取っている方も
いらっしゃいました(笑)

 

だとしても、
私が「伝えたい」と思う内容は
伝わっているのでしょう。

 

さて、
あなたは伝えたいことを伝えるのに
どのように話しますか?

◆新サイト!
☆横浜の占い師HARUの楽しいタロット教室

11月の世相タロット画像アップ♡
http://tetsuinter1.wixsite.com/haru

 

Facebook

☆大宮山晴美☆お友だち申請歓迎☆

 メッセージは不要です。

https://www.facebook.com/harumi.omiyama

 

f:id:byHARU:20161012062657j:plain