読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

占い師の戯言♡縁を紡ぐ職業、縁を切る職業♡ハサミを使う仕事というもの

世の中には
実にさまざまな職業があるが
結婚しやすい職業と
そうでない職業があるのでしょうか?

 

美容師などハサミを使う職業は
必要な縁まで切ってしまうのでしょうか?
美容師は縁遠くなるのでしょうか?
そんな疑問が、ふと浮かんでいます。

 

生まれつき天から与えれた運命では、
恋愛運と結婚を分けて考えます。

美人で性格もよく働き者、
決してモテないわけではないのに
恋愛が結婚に発展しないのです。

占いの現場では、
頻繁に耳にするお悩みです。

妙齢の美女を目の前にして
「こんなに美人なのに」
「いったいどうして?」
と思うことしばしば。

高望みをしているわけでもなく
家族に問題があるわけでもない。

正直なところ、
私が適齢期の男性を紹介できる
ものなら紹介したいくらい。
信用のおける結婚紹介所があれば
紹介したいと思うのです。

実際に、自分で結婚紹介所を
したらどうかと考えたことも(笑)

 

それはさておき、
占い師としてはそこで
西洋占星術ホロスコープを確認。

女性の場合には、
火星=恋愛運
太陽=結婚運を判断します。

 

その美容師の女性も
果たして恋愛から結婚に進展しにくい
タイプでした。

つまり
火星と太陽が90度という凶角が
恋愛成就を妨げていると見ます。

※90度は凶角と見ますが、
 場合によってはパワフルに働く。
 障害をはねのけたほうが
 より大きな力を発揮できるもの。
 むしろ何も問題がないほうが
 平和なのでしょう。
 世の中の成功者は、必ずといって
 いいくらいなんらかの挫折を
 経験しているはずです。
 つまり90度は使いよう。

 

長くなってしまいましたが・・・
そもそもモテるタイプの彼女。
獅子座の金星を2ハウスに持ちます。

それこそ、街を歩けば
知らない男性からも声を掛けられる
タイプかもしれません。

ダンサーや女優にも必要な星配置。
いわゆる華がある女性。
果たして、新体操をしていたようです。

 

ここで、
結婚をしたい彼女にアドバイスは2つ。

紹介を頼むこと。
ハサミ供養をすること。

 

ハサミ供養という行事があるらしい。
http://journal4.net/hasamikuyou/

以下引用文章。
「東京芝の増上寺で、
毎年8月3日を「ハサミの日」と定め、
日頃使用している鋏に感謝し、
鋏を供養する法要「はさみ供養」が行われている。
学校法人「山野学苑」が事務局となって催されて
いるが、美容関係者のみならず、多くの人たちが
参加して盛大なイベントになり、世の務めを果たし
終えたハサミを塚に納め、供養法要が厳かに行われる。
1981年8月3日、当時の国際美容協会会長
山野愛子氏より提唱され、
増上寺に「聖鋏観音像」が建立・開眼された
ことに始まるものだ。
供養は午後3時からだが、正午より、
はさみ販売とバザー、13時半から
紙きり教室」も行われる。」以上。

 

針供養があるのだから、
ハサミ供養があってもおかしくはありませんが

ここで驚いたのは、
美容協会の会長により観音像が建立された
ということ!?

えぇ、観音様ってそもそも人の手で
作れるものなの!?
という疑問が生まれましたが、

それもさておき(笑)・・・

 

おそらく、
自分なりに供養をすればいいのでは
ないでしょうか。

 

他にも刃物を使う職業はさまざま。
料理人や植木職人、テイラーなどなど。
職人の世界は男性社会ではありますが
女性はどうなのでしょう?

 

逆に、縁を紡ぐ職業に従事している
人たちは結婚にも有利なのでしょう?

 

疑問は尽きず、続く。

 

シザーハンズ

f:id:byHARU:20161130054217j:plain