占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

あなたも、みんなも幸せになる仕事②

閑話休題

西洋占星術を参考にしたけれど

「これは絶対に向いていない!」と

納得した仕事について。

 

仕事についてのご相談を承るとき

いくつかの占術を使ってお客さまの職業適性を

観させていただきます。

 

西洋占星術、東洋占星術、八字を観て

「お金の稼ぎ方」「働き方」「適職」を判断。

 

特に、西洋占星術アストロロジー)を観ると

一目瞭然、「こんな仕事に向いています」

「このような働き方がいいでしょう」とお答できます。

 

西洋占星術では、その人の生まれた瞬間の

太陽系の惑星の配置から「生世図」を出します。

 

専門用語では「ネイタル」「バースチャート」

ホロスコープ」といいます。

(私の占い仲間の間ではネイタルと呼びます)

 

ホロスコープ」という用語は「時の見張り人」と

いう古代ギリシア語を語源としているとか。

 

その人の「出生地」を観測地点として、

地球を取り巻く星座や惑星がどのような状態で

天に配置されていたのか図に表したものです。

 

■月・水星・金星・太陽・火星・木星土星

天王星海王星冥王星の10天体

 

牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座

天秤座・蠍座・射手座・山羊座水瓶座魚座

の12星座

 

地球から見た天球上の惑星を地上に降ろし

地球上の家(12ハウス)に配置して占います。

 

天を巡る惑星は、一瞬たりとも同じ配置を

作ることはありません!!

 

地球上に何十億のも人たちが住んでいても

みんな色とりどりの魅力的な個性を持っているには

こんな理由があるのだと言えます。

 

つまり、あなたの魂の波長にピッタリと合った

惑星の配列が完成した瞬間に、この世に生を受けるのです。

 

そう考えてみると、西洋占星術

もっとも壮大でロマンチックな占術ですよね~💛

 

占いの現場で、お客さまの出生図を観させて

いただくときは、毎回、とてもワクワクします♬

 

さらに、天体は休むことなく動き続けているので

あなたの人生はその影響を受け続けるのです。

そこから今の運気や、今後の人生の流れを読みます。

 

正確な出生図を出すには、以下の情報が必須。

生まれた時間は、分単位で分かればベスト。

■生年月日・生まれた時間・生まれた場所■

 

やはり、前置きが長くなってきましたが

職業適性について、私の実体験からお話しします。

 

私の出生図では、「乙女座」に天体が大集合。

太陽だけでなく、冥王星天王星・金星までも。

それらが全て、非常に近い位置にあるので

互いの力を強め合っています。

(10天体中4天体、しかも力が強い天体が

乙女座に集まっているという状況です)

 

そうなると、乙女座という星座の力が強く

(乙女座がすごく強いね、と表現します)

「実務能力」「自己鍛錬」「生産性」がテーマ。

「できなくても、できるまでやる」という働き方なので、

職業の適性がかなり広いといえます。

 

さらに、他の星座や天体の配置を加味して

どのような職業に最も適性があるかを判断します。

 

まだ、占いを仕事としていなかったとき

占星術の演習クラスで、ある高名な占星術家の先生に

「化粧品のセールスとかにも、向いている」と

言われました。

 

他にもいろいろと教えてくださったのですが

そのときには、職業の選択肢のひとつにしようかと

考えたものです。

 

友人にメイキャップアーティストがいたので、

デパートの化粧品売り場に同行してもらって

買い物をしてみました。

 

彼女のおすすめの化粧品メーカーの春の新作など

何点か購入した後、一緒にティータイム。

 

いつも私が化粧品売り場に行くと感じることは

むせ返るような匂いで、長時間いられないこと。

できるなら、売り場を避けて通るくらい(笑)

 

で、その友人に

「化粧品売り場の匂いって、ちょっと苦手。

 販売員さんは、よくずっといられるね」と

言ってみたのです。

 

すると、彼女は不思議そうな顔をして

「え~、何言っているの晴美ちゃん、

 いい匂いじゃない!」と即座に、返してきました。

 

「!?」

彼女の返答は、私にとって衝撃的でした。

 

私の匂いの感受性とは、天と地とも違うかも。

いい匂いって、いったいどういうこと!?(笑)

 

せっかく付き合ってくれた彼女には申し訳なかったのですが

「ああ、化粧品の仕事など、絶対に向いていない」

と心密かに納得したものです。

 

さらに、いろいろと話を聞いてみました。

「化粧品の雑誌とかファッション誌とか

 どんなのを買うの?」

という質問に対する彼女の答えは

「うん、だいたい全部買うかな」って。

 

「えっ、全部買うの!?ホントに好きなんだね」と

口をついて出てきたものです。

 

彼女は、もともとファッション業界の人で

美容に関して全般的に情報収集をしているのですね。

それだけでなく、その業界が好きなのだと。

 

我が身に置き換えてよくよく思い出してみたら、

ファッション誌や女性誌をほとんど買ったことがない。

 

昔はよく買っていたのに今は買っていない、ではなく

今も昔も変わらず

興味の対象外の雑誌として手にも取らない。

 

しかも、そもそも化粧品だって、必要最低限かも。

店頭に行くのが面倒だという理由で通販だし。

 

ちなみに、会社員時代によく買っていた雑誌は

アエラニューズウィークダカーポ・スパ(笑)

駅の売店で買って、読み終わったら同僚や後輩に。

時々、流行通信キネマ旬報・室内。

 

その一日で、いくら職業の適性があるからといって

人には向き不向きがあるのだと実感した次第です。

 

職業を選択するときに、「好きなこと」が

わからなかった場合には「できそうもないこと」を

考えてみるのも一案かと。

 

あなたは今、好きなことを仕事にしていますか?

 

まだ見つかっていないなら、視点を変えてみるといいかも。

できそうもない、絶対に無理、やりたくないことのなかにも

ヒントが隠されていますよ。

 

占星術のクラスでは、その占星術家の先生は

最後に私に向かって「変人人生になるね」と(笑)

この発言もある意味衝撃的でしたが否定できないかも★

◆公式ホームページ

横浜の占い師・HARU先生の幸せ占い

 

Facebookページ「タロットカード占い」

 ほぼ毎日更新中!テーマは占い。

https://www.facebook.com/タロットカード占い-237774232994837/

 

Facebook 大宮山晴美

 お友だち申請歓迎です!

https://www.facebook.com/harumi.omiyama

f:id:byHARU:20161010074823j:plain