占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

誕生シーンが人生を左右する!?②

人はこの世に生まれるときに

いったい何を思い何を期待しているのでしょう?

 

「胎内記憶」という言葉をご存知ですか?

この人生での一番古い、あるいは一番新しい記憶

だといえます。

 

赤ちゃんも、母親の胎内で

さまざまなことを感じていると考えることが

自然であると、2001年に産科医が公に発表。

 

「胎内記憶」とは、

赤ちゃんが「お腹のなかにいたときの記憶」の総称。

陣痛から誕生を「誕生記憶」

お腹に来る以前を「中間生記憶」と呼ぶとか。

 

生まれる前の「中間生記憶」については、

そのような子供が自分の過去生について語る様子が

マスコミでも取り上げられていましたね。

 

私の感想としては、

そういうことがあってもおかしくはないなと。

それは、長くなりそうなので別の話として(笑)

 

胎内記憶のうちの「誕生記憶」が

その後の人生観に影響するのではないかと

占いをしていて、そのように感じます。

 

つまり、出産シーンで

その人がどのように生まれてきたのかに

よって「人生はこういうもの」だという

インプリンティング(すりこみ)になるかと。

 

この世に生れ落ちるときの最初の記憶が

その人物の人生を左右するのではないでしょうか。

 

たとえば、次のような赤ちゃんなら、

■典型的な安産で経過も良好な赤ちゃん

■生きるか死ぬかの出産を経験した赤ちゃん

■一度お腹から出たのに、また戻った赤ちゃん

■難産で陣痛がずっと続いてやっと生まれた赤ちゃん

 

次のような人物になるかも!?

■人生に愛されているかのような幸運な人物

■人生を冒険となぞらえて駆け抜ける人物

■人生を行きつ戻りつ不器用にとらえる人物

■人生の艱難辛苦をモノともしない人物

 

そんな人生が予想されます!

 

生まれるときに、赤ちゃんはすでに

「人生ってこんなモノ」と感じるのでは?

 

これは、私の個人的な意見でもありますが

占星術を教えてくれた先生も同じことを

おっしゃっていたので納得しています。

 

実際に、西洋占星術の「出生図」を観ても

おおよその見当はつきます。

 

どのような星の下に生まれたのかは一目瞭然

それぞれのホロスコープに人生の縮図があります。

 

兄弟がいれば、それぞれに出産の様子が違い

「末っ子だけ安産だった」とすれば

可愛がられ甘やかされて育つかもしれませんね。

 

自宅出産で生まれてきたのなら、

家族との関係が深い人生なのでしょうか。

 

さて、あなたは、どのように生まれましたか?

お母さんに聞いたことはありますか?

 

今の人生に影響をしていますか?

 

★ちなみに私は

 「勢いよく生まれてきた」と言われました。

早く生まれて人生を楽しみたかったのでしょうね(笑)★

 

◆公式ホームページ

横浜の占い師・HARU先生の幸せ占い

 

Facebookページ「タロットカード占い」

 ほぼ毎日更新中!テーマは占い。

https://www.facebook.com/タロットカード占い-237774232994837/

 

Facebook 大宮山晴美

 お友だち申請歓迎です!

https://www.facebook.com/harumi.omiyama

 

 

f:id:byHARU:20160926165137j:plain