読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師の戯話

「横浜のタロット占い師HARU」のつぶやきブログ

それ、やっぱり聞いてみないとわからないですね!

「営業に向いているね~」と

時々ですが、

人から言われることがあります。

 

過去に、

営業という肩書で仕事をしたことがないので

「ありがとうございます! でも、営業の仕事を

したことはないんです」と答えていました。

そう言われたしまった相手は、

そこで話を終わりにせざるをえません。

 

でも、これからは、もっと謙虚になりたいです。

「そうかもしれませんね」とお返事をするつもり。

あるいは、

「どういうところが向いていると思いますか?」

と質問したいです。

 

なぜなら、私の考えている営業の概念と

広く世間で認識されている営業の概念、

その人の個人的な見解においての概念は

違うと実感したからです。

 

その人が、

なぜ私が営業に向いていると感じたのか

聞いてみないとわからないのですね。

 

ちなみに、職歴としては

金融機関窓口&出納→建築士&インテリアコーディネーター

→イベント企画、占いライター、占い師、占い講師、

着物リメイク企画など

 

現在、さらに職歴をプラスしています。

趣味と仕事の境目をなくしているような流れ。

 

そういえば、

かつて建築士としてお打ち合わせに伺ったとき

バーのオーナーであるお客さまから

「あなた、ホステスに、ものすごく向いているわ♡」と

言われたことも。

 

そのときには、

「えっ!?もう〇〇歳ですが…」と口をついて出ました。

すると、「あら~、歳は関係ないわ」と

言ってくださいました。

 

さらに、

「ええ!?そうなの?」と疑問が湧いてきましたが、

そこには仕事の打ち合わせに来ていたので、

「ありがとうございます!次に転職するときの選択肢に

させてください!!」と

その話題を終わりにして、仕事の本題に。

 

お酒もタバコも苦手な私に、とても勤まる職業だとも

思えなかったのですが、

って言うより、建築士としてお伺いしたんだけど・・・

という素朴な疑問が。

しばらく、「???」と思い返していました。

 

今考えたら、なぜその道のプロの方から見て

私がホステスに向いていると思われたのか、

教えていただけばよかったですね。

 

聞いてみないとわからない!

 

そんなときには、

自分で勝手に結論付けないで

コミュニケーションをとりながら、

掘り下げていきたいです。

 

★後日、

友人から営業の概念を教えてもらいました。

私は「モノを売る人・仕事を取ってくる人」だと

思っていましたが、

それだけではなく

「仕事をコーディネートしていく人」だと。

だとしたら、私にも適性があるかもしれません★

 

★ドラマチックモードTDS★

 

f:id:byHARU:20160917093226j:plain